スキルが身に付きやすい

大手のメーカー工場では100人以上の従業員が同時稼動しているところも珍しくありませんが、町工場では数人~十数人程度で仕事を回すのが一般的です。また、大規模工場の仕事はライン作業できっちりマニュアル化されている事が多いのに対して、町工場は職人が手作業で製品を仕上げています。こうした点を考慮すると、町工場では職人による指導が従業員に行き渡りやすく効率的なスキルアップが可能であると言えるでしょう。日本の町工場技術は世界でも有数と言われており、ロケットやロボットの重要な部品を開発しているところも少なくありません、一流の職人から直接指導を受けてスキルアップしていけば、今後のキャリアプランも可能性が広がると言えるでしょう。

比較的雰囲気がゆるく働きやすい

町工場は少人数で仕事に取り組む関係上、比較的従業員同士のコミュニケーションが盛んに行われています。もちろんある程度の就業規則は定められていますが、自由度が高くのびのびと働く事の出来る職場が多いです。ただし、これは仕事中も気を抜いて良いという意味ではない事に注意しておきましょう。工場でも町工場でも機器の取り扱い方を間違えれば事故に繋がる可能性があるため、業務中は細心の注意が必要です。また、町工場では仕事における1人1人の責任も大きくなります。逆に言えば責任ある仕事を任される機会も多いので、町工場での仕事にやりがいを感じる人も少なくありません。町工場の働きやすさは、仕事のオンオフがハッキリしていてメリハリが効いているという点が大きいでしょう。