給料や休日が少なく作業場の環境がよくないところが多い

製造業界の町工場は小企業のところがほとんどで、大企業に比べて待遇や労働環境がよくないところが多いです。基本給が安く未経験の場合は、20万円以下のところが多いです。独身や実家で暮らしている場合は生活していけますが、結婚していたり一人暮らしをしていたりすると生活が苦しくなります。仕事が多く忙しい時期ならば残業で補うこともできますが、あまり仕事がないときには残業もできません。

また、町工場の求人を見ると年間の休日が100日前後のところが多く、休日が少ないところが多いです。大手の工場では年間の休日が125日前後のところが多いので、月に約2日少ない計算になります。さらに、町工場は資金に不安を抱えているところが多く、作業場の環境もよくないところが多いです。夏は暑く冬は寒い工場もあり、これもデメリットになります。

優秀な人材が少ないため人間関係に苦労することが多い

製造業などの工場は地味なイメージがあり、仕事を探している人にあまり人気がありません。町工場はこれに加えて小企業が多く、さらに人気が落ちます。このことから人手不足のところが多く他に働く場所がない人が集まって、優秀な人材が少ない傾向があります。もちろん優秀な人材もいる工場もありますが、大手の工場に比べるとその割合は少ないです。町工場では従業員の教育に費用をかけることが少ないのも、優秀な人材が集まらない原因になっています。

町工場では優秀な人材が集まりにくく工場での仕事は黙々と作業をすることが多いことから、人付き合いが苦手な人も集まりやすいです。以上のことから町工場では、人間関係に苦労することが多くなります。例えば、話しかけても無視されたり、話が?み合わなかったりします。

住み込みの工場での仕事の場合は通勤時間が短くなるほか、家賃や食費を安く抑えられるというメリットもあります。